ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)患者会のホームページへようこそ。
   このホームページは、患者に関する情報と、当会が取り組む活動内容を発信しています。一人でも多くの皆様に、LCHに対するご理解とご関心を深めて頂ければ幸いです。
  また、会員及び賛助会員は、随時募集中です.

会員の皆様へ
*患者会総会(Zoom利用)
 日時 2022年1月16日(日) 13:30~16:00(予定)
 ご参加予定の先生方(順不同)   
  * 今宿 晋作先生(宇治徳州会病院 小児科)
  * 森本 哲先生(昭和伊南総合病院 小児科)
  * 東條 有伸先生(東京医科歯科大学)
  * 恒松 由記子先生(順天堂大学 小児科)
  * 工藤 寿子先生(藤田医科大学 小児科)
  * 今村 俊彦先生(京都府立医科大学附属病院 小児科)
  * 坂本 謙一先生(滋賀医科大学 小児科)
  * 工藤 耕先生(弘前大学 小児科)
  * 佐藤 亜紀先生
  (東京大学医科学研究所附属病院 血液腫瘍内科)
  * 末延 聡一先生(大分大学医学部 小児科)
  * 五味 玲先生(自治医科大学
    とちぎ子ども医療センター 小児脳神経外科)
  * 細谷 要介先生(聖路加国際病院 小児科)
  * 清水 聡一郎先生
  (国立成育医療研究センター 小児がんセンター)
  * 森谷 邦彦先生(東北大学病院 小児科)
  * 谷口 真紀先生(広島大学病院 小児科)
  * 塩田 曜子先生
   (国立成育医療研究センター 小児がんセンター)

 1 専門医の講演(講演順)
  「ランゲルハンス細胞組織球症と永く付き合う
     ~長期フォローアップの大切さ~」
    坂本 謙一 先生(滋賀医科大学小児科)
  「成人LCHの実態に関する全国調査について」
    東條 有伸 先生(東京医科歯科大学 特任教授)
 2 会員交流会
  *総会プログラムはここをクリックして下さい

  *皆様のご参加をお待ちしています。   

  小児と成人のLCH治療研究に国の研究費(AMED;国立研究開発法人 日本医療研究開発機構)を2020年春から3年間いただけることになりました。
詳しくは下記お知らせをご覧下さい。塩田先生のコメントがあります。

医療情報メディア「いしゃまち」に、LCHの専門医の先生方のご協力により、一般向けのLCHについての解説記事が、掲載されています。
「いしゃまち」LCH記事一覧:
        https://www.ishamachi.com/?tag=lch

お問合せ、ご質問等は事務局までご連絡下さい。事務局
いただいたメールは役員4名のみが拝読いたします**

*患者会総会関連の記事は別ページにもアップしてあります。

会員の皆さまへ
 2021年度の会員更新をご希望の方で、まだお手続きがお済みでない方は、お手続きをお願いいたします。

 年会費(3000円)のご入金を確認後、メールにて更新手続き完了のご連絡をさせていただきます。
※2020年度のパスワードは、2021年3月31日をもちまして、使えなくなりますのでご注意下さい。
バラ

Count per Day

  • 43388現在の記事:
  • 228589総閲覧数:
  • 73今日の閲覧数:
PAGETOP